スティーブ・ジョブズ 「 Stay hungry, stay foolish 」 アップル創業者




 アップルの共同創業者にして、アップルを追い出され、アップルを経営危機から再生させたスティーブ・ジョブズ。
 ジョブズの「ステイ・ハングリー・ステイ・フーリッシュ」は、彼の愛読書「ホールアースカタログ」から引用。

 「ホールアースカタログ」のサブタイトル、
 「アクセス・トゥ・ツールズ」は、「自分の生活を自分で作って行く道具」という意味。
 家の造り方、工具の使い方、火のおこし方、家畜の飼い方、釣りの仕方、布の織り方など。

 書籍内容紹介
 若き日のスティーブ・ジョブズが熱狂して読んだ伝説の雑誌ホール・アース・カタログ発行人が描く、地球の「グランドデザイン」。
 世界の動静、人類の可能性、原子力の是非、テクノロジーの進化、スラム経済の勃興、エンジニアと科学者と夢想家の役割、地球工学の公算(確率)など、幅広い知見を織り込み、俯瞰的に見て歯切れよく論じる。

 【ホール・アース・カタログ(Whole Earth Catalog】
 スチュアート・ブランドが1968年に創刊。
 世界中に大きな影響を与えた伝説的カルチャー誌として、全米150万部のベストセラーを誇った。
 1972年には全米図書賞を受賞し、カウンター・カルチャーを牽引する、バイブル的存在だった。
 1974年に惜しまれつつ休刊するも人気は根強く、2005年6月、スタンフォード大学卒業式でスティーブ・ジョブズがスピーチのなかで、同誌とスチュアート・ブランドのことを激賞。
 また2009年にはオフィシャル・サイトが公開され、これまで発行された全タイトルが閲覧できる。

 著者について
 スチュアート ブランド Stewart Brand
 編集者。未来学者。1938 年、アメリカ・イリノイ州生まれ。スタンフォード大学で、生物学を学ぶ。1968 年に雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同誌は全米150 万部のベストセラーとなり、カウンター・カルチャーのバイブルになった。また、WELL(Whole Earth `Lectronic Link)、グローバル・ビジネス・ネットワーク、ロング・ナウ・ファウンデーションな どのエコ関連団体を立ち上げ、環境保護論者の大物としても知られる。現在は、ネイティブ・アメリカンの数学者の夫人とともに、サンフランシスコ湾のタグボートで暮らしている。著書に、『メディア・ラボ』(福武書店)、How Buildings Learn、Clock of the Long Now がある。

 仙名 紀 Osamu Sennna
 翻訳家。1936 年、東京生まれ。上智大学新聞学科卒。朝日新聞社では、主として出版局で雑誌編集に携わった。最近の訳書としては、リチャード・フロリダ著『グレート・リセット』、ニーアル・ファーガソン著『マネーの進化史』(ともに早川書房)、ダン・ビュイトナー『ブルーゾーン』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。


 スティーブ・ジョブズ、2011年10月 5日没。
 iPhone発表から10年を記念して、記念モデルiPhone X 発表。
 PCのミドルレンジ並みの仕様とかなりの進化を遂げたようです。
 アップルが他社と大きく異なる点は、個人のプライバシー尊重、他にもありますが。
 とりわけ、メール内容のスキャニング(読み取り)の有・無。

 端末の選択は、とりわけメーカーの選択でもあり、
 Windows(マイクロソフト)もアンドロイド(Google)もiOS(アップル)も、
 端末内の情報収集に余念がない、逆を返せば収集されているということ。
  ※メールの取り扱いについては上述。

 また、端末内の情報を収集するのは、上記だけでなくマルウェアなどのウィルスソフト。
 対策は、常にOSを最新に保つこと。※更新(アップデート)が必要。

  ◎iPhone&iPadが、iOS11に日本時間 9月20日に始まります。

 他にも、
 1)iPhone&iPadで格安シムを使えば、ランニングコストはかなり下がります。
   ※WiFi接続で、利用するSIM会社の「APN」をダウンロードが必要です。

 2)Bluetooth接続のキーボードを使えば、文書入力も楽々行えます。
   ※マウスは使えません。

 3)Windows(PCやタブレット)でも、iPhoneが操作できます。
  ◎Windows用iCloudをダウンロードが必要です。
   ※ : https://www.icloud.com/

 iPhoneやiPadを快適に使うヒントになるか?
 決める・決めないは、自分の判断で行って下さい。

tag : スティーブジョブス アップル iPhone ホール・アース・カタログ iPhoneX iOS11

米国を沸かせた「皆既日食」、日本では18年後の2035年 9月 2日

 2017/08/21
 米国で、皆既日食、99年ぶり大陸横断
 米本土の西海岸から東海岸を横断する皆既日食は99年ぶり
 今回は米西部オレゴン州から南部サウスカロライナ州まで14州を横切る幅70マイル(約110キロメートル)の地域で観測。

topics04-3-s.jpg

 日本で次の皆既日食が見られるのは、18年後。

 2035年9月2日

 能登半島から茨城、千葉県にかけての一部地域。

 自分が住んでいる場所で皆既日食が起きる確率は、1/375年。

 実に375年に1回など、よほど運が良くなければ観測できない気の長過ぎる話。


topics04-2-s.jpg


 topics2012_1a.gif



 直近で日本で観測できたのは、

 前回、2009年 7月22日(46年ぶり)
  観測エリアは、奄美大島北部,トカラ列島,屋久島,北硫黄島,硫黄島など。
 
 前々回、1963年 7月21日

 ※参考 : 皆既日食 「NOJO(国立天文台)」


 皆既日食の観測後に大地震が起こるとする記事がある。
 太陽・月・地球と一直線上に並ぶので引力が影響するとかしないとか。
 日本列島は、3大プレートにまたがっているので、その上空で観測されれば影響ありなしか。

  




 

tag : 皆既日食 金環日食 部分日食 大地震 地震予兆

ビットコイン・ビットキャッシュ 仮想通貨

BitCoin chart

分裂ビットコイン、合議のツケ。日経産業新聞 2017/8/3

 代表的な仮想通貨、ビットコインが1日夜に分裂し、新しい通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」が誕生した。BCCは時間の経過につれ取引が増え始め、新旧2つの規格が並立する状態に。共同体の不平分子がたもとを分かち、騒動はひとまず収まった形だが本家のビットコインには分裂の火だねがなおくすぶる。2009年の誕生から8年。ビットコインは覇権を争う大競争時代を迎えた。

★ニューノーマル、受け入れられる
 システムの分裂が起こったのは日本時間で1日午後9時20分。当初、BCCはそれほど支持を伸ばせず、すぐに本家のビットコインのシステムに吸収され、再統一すると思われていた。

 だがBCCはインターネット上の公開台帳の書き換えが2日夕方までに12回行われた。「独立したコインとして市場に受け入れられた」と、大手仮想通貨取引所ビットバンク(東京・品川)の広末紀之最高経営責任者(CEO)は指摘する。

 2日夕時点で本家のビットコインは1個30万円前後(時価総額約5兆円)と分裂騒動前の水準で推移。分裂を嫌気した価格下落は限定的だ。

 一方、BCCも1個5万円前後(時価総額約8000億円)で取引され、新旧2種のコインは別々に取引されている。国内の一部取引所もBCCの取り扱いを始めた。市場は新しい事態を「ニューノーマル(新常態)」として受け入れ始めているようだ。

 分裂騒動の背景にあるのは「コアデベロッパー」と呼ばれる技術者集団と、ビットコインの取引検証作業に従事する「マイナー(採掘者)」と呼ばれる事業者集団の対立だ。

 利用者の増大でビットコインネットワークは取引量が処理能力の限界を上回るようになり、取引が完了するまでの待機時間が長引いたりマイナーに支払う手数料が高騰したりするなどの弊害が出てきた。そこで処理方法の変更をコア開発者が提案したが、中国の大手マイナーが反発し今回の分裂に至った。

 国や中央銀行という絶対的な管理者がいないビットコインネットワークは、コア開発者やマイナーを中心に参加者による合議制で一つの規格(プロトコル)を守ってきた。参加者が共通のプロトコルを使うことで世界規模の分散型通貨が成立する。分裂とは、プロトコルが乱立し互換性がなくなることを意味する。

 これまでマイナーはコア開発者の示す方針に基本的に従ってきた。マイナーが反発し始めたのには「このままでは自分たちの取り分が薄くなる」という危機感が強まったことが大きい。

 現在の規定ではマイナーは計算競争に勝つと10分ごとに12.5個のコインが報酬としてもらえ、取引を処理するごとに手数料収入も入る。ところが4年ごとにこの報酬は半減し、2033年には総発行量2100万個の99%のコインが出回り、新規発行は事実上打ち止めになる。

 新規供給が断たれたマイナーは手数料収入に依存するしかなくなる。そうなるとマイナーの利益を確保するために手数料を大幅に引き上げねばならず銀行送金よりも割安という魅力が失われる。

 この「2033年問題」をにらみ、コア開発者の陣営はビットコインのシステムの外部で少額の取引を処理し、システムの負荷を減らす技術開発を急いでいる。この「ライトイングネットワーク」という仕組みが広がれば、ビットコインの決済システムは最後に収支尻を合わせるだけの交換の場に成り下がる。

 マイナーにとっては虎の子の食いぶちが消失しかねない。この危機感がBCCという新種を産み落としたのだ。

★11月、次の騒動か
 経済学者の野口悠紀雄氏は分裂騒動を「分散ネットワークにおいて民主的に規格変更についての合意形成をしようとしている」と肯定的に見る。

 ビットコインの理念が「管理者不在の通貨システム」の実現なのだから民主的な話し合いの過程で対立が生じてもむしろ自然、というわけだ。だがそのたびに利用者や市場は右往左往する。

 しかも今回のBCC誕生によりマイナー陣営の不満が全て解消したわけではない。本家のビットコインでは、時間当たりの処理量を2倍に増やす新規格の稼働が11月に予定されているが反対意見もある。分裂騒動が再燃する見込みだ。

 11月に不満を募らせたマイナーがBCC陣営に走ったり別の規格を作ったりすれば、本家ビットコインにはさらなる打撃だ。最後はどの規格がマイナーや利用者から最も多くの支持を集めるかの勝負になるだろう。

 ノーベル経済学者のフリードリヒ・ハイエクは貨幣の質を巡って競争を繰り広げる「貨幣の脱国営化論」を唱えた。ハイエクのご託宣通りに、ビットコインはより使い勝手のよい決済手段を目指して進化の大競争が始まったとも言える。

 民主的な合意形成は時間と手間がかかり、時には「衆愚政治」を招くことがある。民主政が始まった古代ギリシャではこうした危機の時代に多数の僭主(せんしゅ)が出現した。僭主は門地門閥が勢力を失うなか、共同体の構成員の不満や自らの富を利用し、共同体での支配権を奪い取った。

 ビットコインにあてはめれば創始者の「サトシ・ナカモト」の薫陶を受けたコア開発者が率いた従来の仕組みは、サトシの権威に基づく「貴族制」にあたる。そこに財力を蓄えたマイナー=僭主が反旗を翻した構図だ。

 だが歴史を振り返れば、僭主はいずれも悲しい結末を迎えて消えていった。ルネサンスが花開いた中世のフィレンツェでは金融資本のメディチ家が「無冠の帝王」として君臨し、名目上の民主政の下における実質的な独裁者として振る舞った。だが有産市民の不満を招き、最後にはフィレンツェを追われた。

 ビットコイン共同体も同じような道をたどっている。今もなおコア開発者の陣営は一目置かれているが、いつか財力で勝るマイナーが合意形成の主導権を握り、マイナーの間でも「支配者」は幾度も入れ替わるだろう。

 僭主制が倒れるのは政策が財政的に行き詰まる時だ。このひそみに倣えばマイナーがどこまで自らのエゴを抑えて抑制的に振る舞い、参加者の支持をつなぎ留められるかが、「通貨」として勝ち残る条件になる。

日経産業新聞 8月3日付

BitCoin.jpg

そもそもビットコインって何か?、仮想通貨とは?






続きを読む

tag : ビットコイン ビットキャッシュ 仮想通貨 BitCoin BitCoinCash

ad



 転ばぬ先の杖、毎年・毎月の吉方位を調べる。「開運さんぽ」





 九星カレンダー(西暦・九星年対象表)


 一白水星年   二黒土星年   三碧木星年


 四緑木星年   五黄土星年   六白金星年


 七赤金星年   八白土星年   九紫火星年


 



暦・天気







最新記事
検索フォーム

ブログ(カテゴリ)
徒然


HP(カテゴリ)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ








お札(御神札)と神棚
お札を粗末に扱わないための一歩



三社宮、他にもコンパクトな一社宮なども





 聞き流していれば慣れて来ます。


検索&コスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+