神社での参拝マナー

 神社での参拝の作法(マナー)
 
 直接、ご利益と結び付くかは、はなはだ疑問ですが作法には従った方が無難です。

 神社への参拝をされるほとんど人が願掛けを行うと思います。
 願掛けは、1年を通して叶っても叶わなくても、お礼参りをするが慣わしです。

 下記のいずれかに一つでも当てはまる人は、お祓いを済ませた方が厄難を緩和できるはずです。 
 ・厄年(前厄・本厄・後厄)
 ・天中殺・自分の九星に暗剣殺や歳破を付い人
 ・北(子)の方角に入った人
 ・中宮(中央)に入った人

 参拝方法の手順
 神社で金運を呼び込もう 正しい参拝の作法
  
【一】 軽くおじぎをして鳥居をくぐる
 神社の本殿は神の住まいであり、鳥居を一歩入れば、そこは神域。
 神様に失礼のないよう、鳥居をくぐるときは軽くおじぎをし、出る時も本殿に向かって軽くおじぎをする。


【二】 参道を歩く時は中央を避ける
 参道の中央は「正中(せいちゅう)」といって、神様の通り道とされている。
 神様に失礼にならないよう、真ん中を歩くことは避ける。
 この先で使う手水舎が左右どちらに置かれているか分かっているなら、そちら側を歩くのが好ましい。


【三】 手水舎で両手と口を清める
1 神様はけがれを最も嫌うので、参拝する前に手水舎(てみずや)で心身を清める。
  柄杓で水をくみ、左手、右手の順に洗い清め、最後に左手に受けた水で口をすすぐのが作法。


【四】 賽銭箱に静かに賽銭を入れる
 賽銭は神への感謝の供物。
 古くは参拝者の心身のけがれを祓うものとされたため、今も賽銭箱に投げ入れる人を見るが、神社では静かに入れるようにと勧めている。


【五】 神前の鈴を鳴らす
 賽銭箱の上につるされた鈴を鳴らし、参拝に来たことを神様に知らせる。
 鈴の音色には邪気を祓い、神様のパワーを呼び起こす霊力があるとも言われている。


【六】 二礼二拍手一礼をする
 神社の参拝作法は、まず賽銭箱の前で軽くおじぎをし、次に深いおじぎ(90度)を2回。
 そして柏手を2回打つ。祈りを捧げたら、深いおじぎを1回して、最後に軽くおじぎをする。



 神社で祈る際は、願い事を唱えるだけでなく、まずは神様への感謝の言葉も忘れずに。
 さらに自分の名前と住所も心の中で伝えることが肝心だ。

 なお、二礼二拍手一礼は一般的に神社で参拝するときの作法。
 お寺では柏手かしわでを打たず、そっと合掌するのがマナーだ。

 以上。

tag : 初詣 参拝方法 参拝マナー 開運さんぽ 開運方位

晦日から新年に向けて。12月と6月に共通する点




 2014年12月もあと数日で終わります。
 12月は、1月月替わり前日5日(月)までが12月の月盤を用います。
  1月は、6日(火曜日)から2月節分前日(3日)までになります。

 12月と同じような月に 6月があります。
 6月、中旬過ぎに隠遁始め・30日には夏の大祓いがあります。

 毎年、隠遁始めはじめが6月中旬前後にあり、陽遁始めは12月中旬前後にあります。
 隠遁始めは、九星の並び順が降順になり、陽遁始めでは九星の並び順が昇順になります。
 上記のカレンダーに陽遁始めの日の前後を赤枠で囲いましたので前後を参考にして下さい。

 大祓いの儀式は、年2回、6月に夏の大祓い・12月に冬の大祓いが行われます。
 日常に起こす日々の過ちや穢れを人形に写し半年ごとに祓い清める除災行事(神事)です。
 同様に茅の輪くぐりという神事も行っています。
 
 1月は、17日より冬の土用に入ります。
 土用は1日ではなく、翌月の月替わり前日までの期間を土用と言います。
 この期間は、動土・転居・新規の事柄など始めないのが良いとされています。
 また、土用の期間中でも影響がないとされる間日(まぴ)がありますが、避けた方が良いでしょう。
 土用は年4回、4月(春)・7月(夏)・10月(秋)・1月(冬)にあります。
 土用の期間は、上記の月の17日前後から翌月の月替わり前日までの期間をさします。

 初詣は、月盤と日盤で凶方が重なる方角は避けた方が無難です。
 *1月3日(土)は、月盤と日盤で七赤金星が中宮します。
 *年・月・日の九星盤の配置は、PCサイトで右側に表示しています。
 新たな神社とご縁を作る時は、凶方を避け、吉方で参拝してください。


 

tag : 陽遁始め 隠遁始め 大祓い 茅の輪くぐり 土用

12月7日から月替わり、19日から陽遁始め、お正月の準備は13日から

 12月は、7日から月替わり、19日から陽遁始め、お正月の準備は13日からですが。

 12月は、12月7日から1月5日までになります。

 12月19日から陽遁始め、日の九星の並び順が変わります。

 具体的には、
 12月18日までが隠遁になり、
  16日 三碧木星
  17日 二黒土星
  18日 一白水星

 12月19日からが陽遁になり
  19日 一白水星
  20日 二黒土星
  21日 三碧木星

 *干支の並び順は変わりません。

 2015年 1月は、6日から月替わりになりますが、 月盤では六白金星が中宮(中央)になり、
 五黄殺・暗剣殺の配置が年盤とは異なりますが、東南・西北の方位になり、凶方が重なります。
 日盤の凶方方位も重なれば、年・月・日の大凶方になりますので注意して下さい。
 月替わりを跨いで、旅行等をする人は、帰路の方位にも注意が必要です。
 *帰路を方位が「影響する・影響しない」には、見解が分かれるようです。
 *ここ開運さんぽの見解は影響すると考えています。

2014年(年盤)

2014年 1月 6日以降(月盤)

 月盤は、冒頭に2014年11月から2015年 1月までの月盤にも掲載しています。

 2015年 2月以降の年盤・月盤・日盤は、既掲載済み。

 纏めて読みたい方は、開運さんぽ(忘備録)を参照。

 お正月、鏡餅やお節料理にも意味があります。

 詳しくは、忘備録に掲載。

 年回りが「良いと年は、より良く。」、年回りが悪い年は「災禍を除け、無難に乗り越える。」

 何事も上手く行くの基本ではないかと考えます。

 新年、お年をお迎え下さい。  

ad



 転ばぬ先の杖、毎年・毎月の吉方位を調べる。「開運さんぽ」





 九星カレンダー(西暦・九星年対象表)


 一白水星年   二黒土星年   三碧木星年


 四緑木星年   五黄土星年   六白金星年


 七赤金星年   八白土星年   九紫火星年


 



暦・天気







最新記事
検索フォーム

ブログ(カテゴリ)
徒然


HP(カテゴリ)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ








お札(御神札)と神棚
お札を粗末に扱わないための一歩



三社宮、他にもコンパクトな一社宮なども





 聞き流していれば慣れて来ます。


検索&コスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+