1月12日(火)、今年最後の祐気取り ※再掲

 今年最後のお水取り

 正確には、「三碧木星の年」の祐気取りが正しいと思います。
  ※九星学(気学)では、1年(間)を2月立春より翌年2月節分迄を1年とします。

 今年最後の祐気取りが可能な日と方位を具体的に
  年 : 2016年 : 乙未三碧木星の年 ⇒ 五黄殺 : 酉方位(西) & 暗剣殺 : 卯方位(東)
  年 : 2016年 : 乙未の年 ⇒ 歳破 : 丑方位(北北東)
  月 : 2016年1月 : 己丑の月 ⇒ 月破 : 未方位(南南西)
  日 : 2016年1月12日 : 癸巳の日 ⇒ 日破 : 亥の方位(北北西)

 以上から、2106年1月12日の凶方位を削除すると以下の様になります。

  東(暗剣殺)・西(暗剣殺)・東北(歳破)・南西(月破)・西北(日破)

 上記から使える方位は、
 東南(二黒土星)・南(七赤金星)・北(八白土星)の3方位しかありません。
  ※下記の九星盤を参照。

20160112.jpg

 ◎東南(二黒土星)を使える九星(以下) :
  五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星

 ◎南(七赤金星)を使える九星(以下) :
  一白水星・二黒土星・五黄土星・六白金星
   ※八白土星は北に位置し、南の七赤金星と向かい合う=本命的殺により使えません。

 ◎北(八白土星)を使える九星(以下) :
  二黒土星・五黄土星・六白金星
   ※七赤金星は、上記※と同様の理由により本命的殺により使えません。

 では、時間を調べるには、「日の干支」を確認します。

 2016年1月12日 : 癸の日、この干支の「巳」から調べます。

 次に、「陽遁・陰遁」の別を確認します。※参照 : 時刻の九星

 暦から「陽遁始まりは、2016年12月14日からです。
  ※九星カレンダーからも九星の並び順で調べることが出来ます。
  ※陽遁始まりと陰遁始まり」の別は、日の九星の並び順が切り替わる時になります。
  ※「陽遁始まり」は、九星が、一白水星 → 二黒土星 → 三碧木星の昇順に並びます。
  ※「陰遁始まり」は、九星が、九紫火星 → 八白土星 → 七赤金星の降順に並びます。

 陽遁の欄の「巳」の欄を確認し、三碧木星の時間帯を調べると、
 巳の刻 : 09 : 00~11 : 00

 以上から、

 祐気取りの詳細日程

 2016年 1月12日(火曜日) 時間帯 : 09 : 00~11 : 00

  ◎東南(二黒土星)を使える九星(以下) :
    五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星

  ◎南(七赤金星)を使える九星(以下) :
    一白水星・二黒土星・五黄土星・六白金星

  ◎八白土星(北)を使える九星(以下) :
    二黒土星・五黄土星・六白金星


 1月は、12日以外にも三碧木星の日がありますが、

 17日から「冬の土用」に入るので祐気取りは避けます。


  祐気取りの方法で、一般的に知られているのが「お水取り」と「お砂」です。

  自分の住んでいる場所から、

   1)年・月・日・時間で共通する吉方にあたる方角で、
     ※なるべく方位線の中心付近を選ぶようにします。

   2)上記1)において50km以上離れた場所の湧水か井戸で、
     ※お水取りを行う場所付近の神社を確認しておきます。
     ※神社でお水を頂く時は、比較的混み合うので時間的に余裕を持たせます。
     ※お水を汲む前にお祓いが必要な神社もあります。

   3)定まった時間内(2時間)にお水を取ります。
     ※例えば、午前 9~11時の間の2時間だと、分に直せば120分です。
     ※お水を汲む時間を1人3分前後とすると120分で40人前後しか取れません。
     ※有名な場所は、混み合うので時間に余裕を持たせてください。

   4)量は、当日を含む9日間で飲む水の量(2L)を汲んで来ます。
     ※目安は、1日200cc(コップ1杯)を寝る前に飲むのが良いされています。
       総量では、200cc×9日≒1.8~2.0L(ペットボトル1本分程度)
     ※事前にペットボトルなどを用意して濯いでおきます。

   5)上記2)で調べておいた神社へ参拝を忘れず行って下さい。
     ※お水取りの先に行うのが良いとされています。

   6)「お砂」は、耳かき一杯程度を身に付ける程度の量で身に付けます。

   
  当日、吉方の最大限に気を受ける為に、

  1)現地に鎮座する神社に参拝を行います。
    ※お賽銭は、ケチらずにした方が良いと思います。

  2)お水は、出来れば神社で取る。
    ※お水を頂くのですから、御礼とし心付けを忘れないようにして下さい。

  3)現地の食材を使った食事を取る。

  4)現地の温泉に入る。

  5)吉方位(現地)で身に付けられるもの購入する。

  6)最低4~5時間の時間を過ごすようにして下さい。
   ※時間的な余裕があるなら、旅行を計画するのが、良いと思います。
   ※各県の一宮を調べるなら、「開運さんぽ(HP : 備忘録)」を参考にして下さい。








 
 
 
 

tag : 祐気取り 開運方位 お水取り 開運さんぽ

2016年 丙申 二黒土星 年から5年先までの九星の吉凶 更新

 2016年、貴方にとってどんな年になるか?

2016年丙申

 新年こそは、良い年でありたいと願うのは誰しも同じです。
 去年1年を経過して「良かった!・悪かった?」の結論が出たのが年末のはずです。
 信じる信じないは、貴方次第ということで、
 とりあえず、2015年以前の過去5年程度を振り返ってみて下さい。
 過去5年間で足りなければ、更に過去12年に遡ってを振り返ってみて下さい。
 些細な事柄から大事な事柄まで、家族の些細な幸不幸も振り返れば、
 多少なりと心当たりや思い当たる節があるはずです。

 下記一覧表に「赤文字」で記された九星の生まれの人の運勢です。
 「中宮」の年は、八方塞がり=停滞に該当します。
 「坎宮」の年はは、トラブル・困窮・大病・怪我などに該当します。
 「暗剣殺」が付いた年は、他動的・突発的に巻き込まれる下降運。
 「歳破」が付いた年は、自ら犯す過ちを起こしやすい要注意年。
 「五黄殺」は、五黄土星の方位を起こした時にでる作用です。
  五黄殺は、歳破同様に自ら壊す破壊する=自滅です。
 避けたい凶方位には、本命殺や本命的殺などもあります。
 凶運年を乗り切るには、1年を通して常に細心の注意を怠らないことです。
 よく魔が刺す・魔が刺した、と言いますが、この魔が運を落とすきっかけになる。

 方位に縛られると動けなくなりますので、この辺は自身なりに勘案する必要があります。

2010~2020年注意すべき九星

 凶運年を乗り越えるには、年・月の凶方位を避け「吉方」を活用します。


 方位や相性を知るには吉凶方位の「相生相剋」を参考にして下さい。

 ・お正月の準備に追われた師走です。※参考 : 「正月事始め」

 ・初詣に出かける人も多いと思います。※参考 : 「神社での参拝作法 」

 ・厄年天中殺に掛かる人は、神社にて厄祓いを奨めます。

 ・2015年度、祐気取り : 1月12日 09 : 00~11 : 00

 「開運さんぽ(備忘録)」
 ※備忘録を併読して頂くと、内容が理解しやすいかもしれません。
 ※備忘録の変更・更新内容は、常に発信はしていません。


 良い年を御迎え下さい。

 転ばぬ先の杖、開運さんぽ

 



 

tag : 2016年丙申 開運方位 開運さんぽ

ad




     転ばぬ先の杖「開運さんぽ」













暦・天気







最新記事
検索フォーム

カテゴリ
2017年 丁酉 一白水星 年盤
2017年 2月 4日(立春)~
2018年 2月 3日(節分)迄
2017年盤
万人共通の年の凶方位
 五黄殺方位 : 南(五黄土星)
 暗剣殺方位 : 北(六白金星)
 歳 破方位 : 東・卯(八白土星)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ






祓う 祝詞の基本
お札(御神札)と神棚

三社宮の例


お札立ての例




更新内容


開運さんぽ(備忘録) ※調整中
閲覧&ランニングコスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+