毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

再掲】2016年 2月25日(木)の祐気取り、必ず,実践した方が良い九星と方位

 再掲
 祐気取りは、今月2月25日(木)が今回の最後になります。
 2月7日・16日を逃した・行けなかった人は、25日に行った方が良いと思います。
 また、前回7日にお水取りをされた方でも、今月中に2度目、3度目予定している人もいると思います。
 同じ月内に祐気取りが出来る時は、同じ方位で取ります。
 例えば、
 前回「東」を取ったから、今回は「西」を取ろうといったケースでは、気が相殺されてしまいます。
 「行って良し、帰って良し」の「吉方へ行って吉方へ帰って来る」のとは、意味が違います。
 各九星と取れる方位は下記で確認にして下さい。
 また実際の方位は、必ずパソコンなど用いて確認を行って下さい。

寒中、お見舞い申し上げます。

 2016年を乗り切る為に祐気取りを実践した方が良い九星
 二黒土星(中宮)・五黄土星(歳破)・七赤金星(小厄)・八白土星(暗剣殺)
 上記以外でも厄年空亡に該当する人は、お祓いと祐気取りを実践した方が良いです。

 上記以外でも、これまで年の凶方位へ転居したり、旅行を繰り返して来た人は、毎年、祐気取りは行う方が良い。
 年の凶方位として、五黄殺方位や暗剣殺方位、年・月で重なる凶方位などは、必ず避けるようにして下さい。
 
 また、繰り返しますが、年の折り返し8月頃から来年の影響が徐々に出始めます。
 2017年に備えて祐気取りを実践した方が良い九星
 一白水星(中宮)・六白金星(小厄・暗剣殺)・八白土星(歳破)

 2016年は、祐気取りが2月と11月に出来ます。
 2月は、7日()・16日(火)・25日(木)の3日あります。
 いずれも時間帯は、13 : 00~15 : 00の間です。
 但し、
 西北を取りたい方は、7日(日)・25(木)のいずれかのみです。
 ※16日(火)は、西北に日破が付くので不可です。

 ※直線距離で50km以上離れた場所へ行くのが良いとされています

 下記表の中段以降、使える方位(左欄)と生まれ年の九星(右欄)を参照。
 

2016年2月
表1

 上記の年盤と月盤から、
 2016年は、以下の対角線で3方位が空いています。
 1)「東(九紫火星)・西(四緑木星)」
 2)「東南(一白水星)と西北(三碧木星)」
 3)「南(六白金星)と北(七赤金星)

 上記1)四緑木星と九紫火星と相性の良い九星は、三碧木星
 上記2)一白水星と三碧木星と相性の良い九星は、四緑木星
 上記3)六白金星と七赤金星と相性の良い九星は、二黒土星・五黄土星・八白土星

 上記1・2・3)にあげた九星は、行って良し・帰って良しの方位になります。
 遠方に行くほど、効果は良いと思いますが、効果の程は人それぞれです。
 

 自分の本命星と相性が良い方角を見るには、以下の九星の相生相剋を参考にして下さい。

相生相剋
表2

 上記の赤字箇所が相生する方位、黒字箇所は相剋する方位です。

 方位は、自分の住んでいる場所を中心に見ます。
【更新 : 地図ほか修正】
 下記は、2016年2月4日以降の万人共通の年の凶方位を明示しました。

2016 方位盤
2016年、東京からみた万人共通の年の凶方位。

 東京・神奈川から西方位は、
  名古屋から関西・山陽・山陰方面は西になります。
 東京・神奈川から南方面は、八丈島ですが羽田から30分前後です。
 東京・神奈川から北方面は、新潟より以北ですが、秋田や北海道は境界線に注意が必要。
 東京・神奈川から西北方面は、長野・北陸(富山・金沢)です。※福井は西より

 伊勢神宮は、東京・神奈川からだと西と南西の境界線付に位置するので注意して下さい。
 熊野大社は、東京・神奈川からだと南西方位になり、2016年は暗剣殺方位です。
 出雲大社は、東京・神奈川からだと西方位になります。

 2016年4月後半から大型連休が始まります。
 4月の月盤は5月4日まで、5月5日(立夏)以降は月替わりです。
 5月4日~5日を跨ぐ旅行は、年・月の凶方位に注意して計画して下さい。
 ※宿泊を伴う旅行などは、年盤・月盤の凶方位を避けて計画して下さい。

 転ばぬ先の杖、開運さんぽ(備忘録)








tag : 祐気取り お水取り 開運方法 開運方位 開運さんぽ

2016-02-22 : 九星方位 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

玉川温泉、癌が治る湯治場として一部では知られている。。。

 TVでも過去に何度か放映されたことがある、玉川温泉。

 かなり以前より癌患者が湯地で訪れていると言われてます。




 末期がん患者が、癌が治る・縮小したなどとして知られています。

 いずれも追跡調査はなかったので、その後の病状の進捗は確認できていません。

 ただ、末期の胃がんで食事も取れなかった人が、確か1ヶ月の滞在で食事が取れるようになった、

 番組後半で放映されてましたが、やらせでなければ事実ということになります。

 玉川温泉で癌が縮小する・治るケースは、

 温泉効果と微量の放射能を含む温泉にあるかとか、立証されている訳ではありません。

 根拠になりえることが、一つだけあります。

 その前に、玉川温泉には、(旧)玉川温泉と新玉川温泉の2ヶ所あります。

 TVで放映された場所は、旧玉川温泉です。

 旧玉川温泉は、岩盤浴が基本になっているようです。

 前述した食事が摂れるようになった人は、ほぼ丸一日岩盤浴をして過ごしたと話していました。

 ただ場所取りに苦労したとも話してました。

 根拠あると先ほど書きましたが、

 その根拠とは、下記を参照して下さい。

癌細胞死滅温度 W600

 がん細胞が死滅する温度と時間のグラフです。

 癌細胞が死滅する温度が、 41.5 度以上。

 人の脳細胞が死滅する温度も42度前後以上だった記憶しています。

 癌細胞の死滅温度と脳細胞の死滅温度が、ほぼ同じというこです。

 41~42度といえば、個人差はありますが熱めのお風呂の温度です。

 熱いと感じても、肌で感じるだけで、体の中心温度ではない。

 人の体温(体内温度)は、36度前後です。

 人が高熱とする温度も41~42度ですから、非常に危険な温度と言えます。

 旧玉川温泉で岩盤浴を何時間も行うというは、

 体温を36度以上、体内温度を限りなく40度前後近くにもって行くのだろうと考えます。

 それをほぼ毎日繰り返したことで、得られた結果だろうと推察します。

 (旧)玉川温泉での場所取りに苦労すると書きましたが、

 場所の温度にも関係するのではないかと思います。

 ゴザ?やバスタオルなど何枚かひき、その上で寝るとも話していましたので、

 温度調節を行うためではないかと思います。

 湯治に1ヶ月以上を費やす人が多いようですが、自炊が原則のようです。

 余談ですが、

 がん発症の原因は、多岐にわたりますが、

 ストレスが発症原因になるというのが、欧米ではかなり以前より知られています。

 日本でストレスが発症の原因になりえるとする見解は、ここ20年前後あまりです。

 治療法も外科手術が大半で、東洋医学的な治療には否定的な見解が多かったように思います。

 東洋医学の基本は、免疫力を高め自然治癒を目指す、手術を伴わないで治す。

 誰にでも当てはまるものではないと考えています。

 食事療法や他で体質改善を図り、免疫力を高めつつ治療を継続する。

 加えて、気力&体力&根気が十二分に必要になると思います。


 また一般的なことですが、

 ・早期発見・早期治療が基本だと考えますが、

 ・検査で、レントゲンやMRIなど頻繁に行うのは、放射線を浴びるので最小限に抑える。
 
 ・がんの発症年齢が若いほど進行が早く、高齢になるほど進行は遅い。

 ・すい臓がんは、肝臓に隠れて発見し難く死亡率が高い、急性膵炎に注意。

 ・肝炎は、肝臓がんになる割合が高い。

 ・肺炎は、転移しやすい。

 ・遺伝子治療は、効果も個人差があるようです、険適用外。

 ・・・など、以上。


 早とちりな人は、本文が温熱療法を勧めていると勘違いをされる人もいるはずです。

 温熱療法の知識として、必要な知識です。

   

 以下、参考まで。


 温熱療法の概要 :
 
 温熱療法とは、癌細胞を加熱することにより治療する方法で、癌を43℃以上に加温すれば大きな治療効果が得られることによる。
 一般に癌組織では正常組織に比べて血液の流れが悪く、熱がこもり易くなっているので、一様に加熱しても癌組織の方が高温になる。
 現在の装置では、ラジオ波を用いて加温しているが、深部の癌を十分に加温することは容易ではなく、通常は放射線あるいは抗癌剤との併用である。

 詳細 :

 1.温熱療法とはどのような治療法か?
 温熱療法とは、癌が熱に弱い性質を利用して癌を治療する方法で、通常は放射線あるいは抗癌剤との併用で用いられる。
 1970年代以降の生物学的な研究により、癌を43℃以上に加温すれば大きな治療効果が得られることがわかった。
 また、放射線や抗癌剤と併用すれば、より低い温度でも同じ効果を得ることができる。
 しかも、従来の治療法とは作用が異なるので、今までの治療で効果が認められなかった腫瘍にも適用できる。臨床的には、すでに皮膚癌、乳癌等の表在性の腫瘍で効果が認められている。
 最近では、加温装置の発達とともに脳腫瘍、食道癌、肺癌、肝癌、直腸癌、膀胱癌、子宮癌、軟部組織腫瘍といった深在性の腫瘍にも応用されるようになってきた。

 ※X線照射と加温併用した場合の細胞の生存率曲線(原論文1より引用)
  X線で照射後加温すると、X線照射単独よりも細胞の生存率が低下する。また、42℃で2時間加温した場合と、44℃で15分加温した場合とは同程度の効果が得られている。


 2.温熱療法はなぜ癌に効くか?
 放射線や抗癌剤は正常細胞と癌細胞の刺激に対する感受性の差を利用した治療法で、同程度の刺激を与えた場合には、癌細胞の方が強い影響を受ける。しかし、熱に対する反応は、正常細胞と癌細胞であまり差がなく、同じ温度に加温すれば、癌細胞も正常細胞も同程度の障害を受ける。ではなぜ癌の治療が可能なのか?これについては、細胞が集合して組織を作っている場合,癌と正常部では血液の流れに差が生じ、熱がこもりやすくなることによる。

 一般に癌組織では正常組織に比べて血液の流れが悪く、同じ量の熱を与えた場合には癌組織のほうが高温になるため癌を選択的に死滅させることができる。また、正常組織では加温により血流が増えるのに対し、癌組織では血流がむしろ減少することにより高温になり、癌を選択的に死滅させる。血流の悪い癌組織は正常部よりも酸性になっていることも癌の選択的治療に有利な条件である。

 ※種々の温度に30~40分間加温した場合の正常組織(皮膚、筋肉)とがん組織での血流の変化(加温前を1とした相対値-C.W.Song博士の好意による)(原論文2より引用)

 がんの種類によって、癌細胞中の血流にバラツキがあるが、正常組織部に比べてがん部の血流は非常に少ないことが判る。

 
 3.どんな癌に効果があるか?
 十分な加温が可能であればほとんどすべての癌に効果がある。
 しかし、現在の装置では、深部の癌を十分に加温することは容易ではなく、表在性の腫瘍の方が効果を出し易いと言える。
 全身に転移病巣がある場合には局所的な温熱療法では対応しきれないので、全身を加温する必要がある。

 
 4.どのように加温するか?
 現在、日本で最も普及している加温装置はラジオ波といわれる周波数帯の電磁波(高周波)を用いている。この装置では電磁波をアンテナから放射するのではなく、対になった電極で人体をはさみ、電極で挟まれた領域全体を均一に加温する。電極を大きくすれば、比較的深い位置の腫瘍でも加温可能で、深部腫瘍の加温には、ほとんどこの方式の装置が用いられている。食道や直腸では内腔に電極を挿入して加温することもある。表在性の腫瘍に対しては、マイクロ波の放射による加温装置も用いられる。電波レンズ型の加温装置では4~5cmの深さまで加温可能になっている。さらに、超音波を用いた加温装置も開発されている。


 以上、温熱療法の概要。




tag : 玉川温泉 岩盤浴 温熱療法 癌治療

2016-02-13 : 健康管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

時間の九星の調べ方、祐気取りのポイントです。

 年頭の祐気取り
 2月7日は、日曜日だったこともあり出掛けられた人は多いと思います。
 時間に関わらず、お水を取り持ち帰っていた人も多く見かけました。
 お水取りの順列に加わりお水を取って行かれた人もいます。

 偶然、神社へ参拝途中に行列を目にした人もいたと思います。
 行列は決められた時間内にお水を汲もうと並んでいます。

 決められた時間内=時間帯の調べ方です。

 以下、時刻の九星の調べ方の順です。
 1)「陽遁・陰遁」の期間中の別を間違えないようにして下さい。
  ◎6月と12月、日の九星の並び順が降順・昇順で切り替わります。

 2)上記「陽遁・陰遁」の別を確認したら、日の干支を確認します。
  ◎「陽遁・陰遁」の欄の日の干支を縦列に見て行きます。
  ◎年・月・日で同じ九星を見つけたら、横列の時刻へ進みます。
  ◎上記の干支の時刻と時間帯が、年・月・日・時の一致した時間です。

   例えば、
   2016年2月16日(火曜日)の場合、
   陽遁・陰遁の別 : 下記一覧から 陽遁の期間中
   十干・干支 の別: 戊(つちのえ)・丑(うし)
   日の九星の別 : 二黒土星
   以上から、陽遁欄の干支 : 戊の欄(縦列)から二黒土星を探し横列をみます。
   未の刻 : 13 : 00~15 : 00 が該当します。
   時間の破れ : 未の刻なので、未の対角線上の丑に破れ=時破が付きます。

九星 時間 陽遁・隠遁

   例えば、
   2016年2月25日(木曜日)の場合、
   陽遁・陰遁 : 下記一覧から 陽遁の期間中
   十干・干支 : 丁(ひのと)丑(うし)
   日の九星 : 二黒土星
   以上から、陽遁欄の丑の欄(縦列)から二黒土星の時間帯を探すと、
   未の刻 : 13 : 00~15 : 00 が該当します。
   時間の破れ : 未の刻なので、未の対角線上の丑に破れ=時破が付きます。

  2月7・16・25日は、全て陽遁の期間中で、丑・辰・未・(戌)の欄で同じ縦列、
  二黒土星が回座する時刻は、「未の刻」=13 : 00~15 : 00になります。

  祐気取りは、年・月・日・時の九星盤が同じく揃った日時に行います。
  ※時間は気にしなくて良いという説もありますが、
    基本は年・月・日・時の九星盤がそろうことが条件です。

  週末や連休に旅行等の計画をする時は、年・月・日の凶方位は避けて下さい。
  
  転ばぬ先の杖、、、開運さんぽ






 


tag : 祐気取り お水取り 開運方法 開運方位 時刻の九星 時間の九星

2016-02-09 : 九星方位 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
吉凶方位・一宮・備忘録

   ・ 楽天市場

  ・  





Pagetop

今日の九星と天気





神社と神棚

夏越の大祓い 毎年 6月30日 ※陰遁始めの月 年越の大祓い 毎年12月31日 ※陽遁始めの月




神棚の祭り方

 神棚と御神札の並べ順





その他

「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ







温泉は源泉掛け流し

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし


開運さんぽ(備忘録)