2016年 最後の祐気取り、11月に年・月・日が重なる日 ※再掲&補足

 再掲
 お水取りの日時 : 11月28日(日曜)07:00~09:00
 詳細は以下を参照のこと。
  
 2016年11月、2度目の祐気取り月です。
 来年2017年(丁酉一白水星年)は、年・月・日が重なるのが9月までありません。
 この機会を逃さないようにして下さい。

 以下に該当する生まれ年の人は、神社で厄祓いなどをする、祐気取りを実践するなどを心掛けると良い。
  ・厄年・空亡の年回りに該当する。
  ・本命星が、中宮・坎宮(小厄)に入る。
  ・本命殺に暗剣殺・歳破が付く。

 以下、中宮・坎宮・暗剣殺・歳破が付く歳回りの九星
 今年2016年、二黒土星・七赤金星・八白土星・五黄土星
 来年2017年、一白水星・六白金星・八白土星


方位盤 東京軸 2016年11月
※2016年11月の万人共通の凶方 : 五黄殺・暗剣殺・歳破・月破の各方位

 
 年・月・日が重なる方位が、万人共通の吉方位でないことに注意して下さい。
 自分の本命星などが、相生する方位が吉方であって、それ以外は凶方位や相剋方位に該当します。
  ※参考:相生相剋、自分の吉方位や九星の相性を調べる。
 2016年11月 9日(水)18日(金)・27日(日)の3日間の方位は、ほぼ共通です。
(加筆)
 本命星からみた吉方方位は、以下のとおり(※参考、上記図表)
  ・東の九紫火星 : 二黒土星・三碧木星・五黄土星・八白土星の生まれ
  ・南の六白金星 : 一白水星・二黒土星・五黄土星・八白土星の生まれ
  ・西の四緑木星 : 一白水星・三碧木星の生まれ
  ・北の七赤金星 : 一白水星・二黒土星・五黄土星・八白土星の生まれ
  ・西北の三碧木星 : 対角線上で「一白水星」ですが、月破が付くので避けた方が無難でしょう。


2016年11月祐気取り
※上記一覧表に定位対冲は含んでいません。(参考:定位対冲、「 破れ 」と同じ作用を招く

 ※上記の時間帯を調べるには、時刻の九星「陰遁・陽遁」の陰遁欄で「未・丑・辰」の欄より確認します。
 上記の一覧表とは別に各方位と日付で日の吉神が付く日は、以下になります。

 ・ 東 の九紫火星を取りたい人は、 9日(水) ・ 27日(
 ・ 南 の六白金星を取りたい人は、 9日(水) ・ 18日(日)
 ・ 西 の四緑木星を取りたい人は、 9日(水) ・ 27日(
 ・ 北 の七赤金星を取りたい人は、18日(金)
 ・西北の三碧木星を取りたい人は、 9日(水) ・ 27日(

 一般的には、自分の九星に吉神が付いていると良いとされています。
 方位でも、吉神が付いた方が効果は良いと考えます。
  ※吉神は、年・月・日に付きます。
 
 祐気取りは、基本的に年・月・日・時間の九星が重なった時に行います。
 年・月・日が重なるとは、吉方位以外は、相剋の方位や凶方位に該当します。
 凶方が重なる方位は、旅行や転居は避けて下さい。

 祐気取りを行う場所は、
 1)距離は、自宅から直線距離で50km以上離れた方角で探します。
   ※目安は100km前後以上、遠いほど良い。

 2)神社で湧水を頂ければ幸いですが。
   その他の湧水・井戸水などで構いません。
   お水を頂く前に最寄りの神社へ参拝をするよう心掛けます。

 3)滞在時間は、だいたい4~5時間を過ごします。
   食事(地の物)をする・なるべく源泉の温泉に立ち寄り湯をするなど。

 4)宿泊を兼ねる場合は、帰路にも注意します。

 5)ほか


 2016年11月 9日(水・乙未)・18日(金・甲辰)・27日(日・癸丑)

 ※祐気取りに行っても、車の混雑や電車の時間で間に合わない。
  行ってみいたら人が大勢でお水取りの時間に間に合わなかった。
  1度や2度は経験があると思います。
  効果は気持ち薄らぎますが、代用の時間帯を調べておくと良いと思います。
  但し、相生になる時間帯です。※参照 : 相生・相剋
  ※五黄殺・暗剣殺・破の付く時間帯・相剋になる方位は避けて下さい。

 (補足)
  時間の作用は、5~6時間と言われています。
  年・月・日で九星盤が一致する日なので、上述(代用時間)したとおりです。  







※ルチルクォーツには、直観力・勝負運を高めることから「金運や財運アップ」を現す。





tag : 2016年11月 年・月・日が重なる日

出雲大社 相模分祀 更新

 出雲大社 相模分祀

出雲大社相模分祀

 出雲大社(島根)へは、何度か参拝させて頂きましたが気分的に遠く感じます。
 飛行時間は羽田から30分程度、電車・飛行機・バスを乗り継ぎ神社直行でも4時間位は掛かります。
 時間的に4時間は、新幹線で京都や伊勢神宮(名古屋経由)へ行ける時間です。

 神奈川県秦野市に「出雲大社」相模分祀があります。
 所在 : 神奈川県秦野市平沢1221 ※行き方
 最寄駅 : 小田急線「秦野」駅 北口 バス10分前後・徒歩30分前後
 車    :  東名秦野中井インターより15分前後

  出雲大社相模分祠 ご祭神
  ◎大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
  ◎事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)

  出雲大社といえば、縁結びの神様として知られていますが、
  御祭神は、大国主大神と事代主大神、大黒様と恵比寿様の方が有名です。
  大黒様と恵比寿様、商売繁盛の神様です。
 
 湧水 : 「千年の杜」
 手水鉢の左手に入口があり、その奥に「龍蛇神」が祀られています。
 龍蛇神とは、大国主大神さまの御使神で、「縁結びの神」「幸福を授ける神」神様だそうです。
 龍蛇神のお社の前に湧水があります。
 湧水の脇に蛇口1つだけあり、地下水(湧水)を汲み上げているのだと思います。
  ※湧水の水は、無色透明・まろやかです。
  ※蛇口の水の勢いまで確認していません。
 お水取りにも人気があるようなので、機会があればお水を頂きに参拝されてみては如何でしょう。
  ※社務所では、1L前後の空きペットボトルが販売されています。

 「千年の杜」入口から、湧水までは10m位だと思います。
 通路幅は、人がすれ違える程度の幅ですが一方通行になっています。
 人1人が歩ける幅の大谷石が敷かれていますが、その両サイドはぬかっています。

 観光・名産・特産 :
  湧水 :
   神奈川県秦野市の湧水について、参考 : 秦野市HP 名水
  水無川 :
   秦野駅の北側(徒歩2~3分)を流れています。
   水無川の両サイドに遊歩道になっていますが、水も川底が見えるほど澄んでいます。
  ピーナツ?、秦野産のポーナッツバターが販売されています。
   無添加・無砂糖・無植物油脂で、私的好みです。
  葡萄?、山梨の忍野八海には葡萄の周りお砂糖?固めたお菓子があります。
   こちらは、イチゴ大福みたいな葡萄大福のような、季節ものだと思います。
  
 祐気取り日程 : 2016年11月 9(水)・18(金)・27(日)日
  ※六白金星・七赤金星の生まれの人は、一白水星(巳:南南東)は月破により使えないの出来ません。
  ※参考 : 2016年 最後の祐気取り、11月に年・月・日が重なる日

 湧水で、
  東名高速の「足柄インター」(上り線・東京方向)にもあります。
  サービスエリア内の建物に沿って水汲み場があり、蛇口は3ヶ所。

  東名高速の「駒門PA」(下り線・名古屋方向)にもあります。
  パーキングエリア内の建物正面ほどに1箇所あります。

  時間がない時など、活用できるのではないかと思います。

  追記.
  「出雲さん占いメール」出雲大社相模分祀
  携帯・スマホ・PCなどから空メールを送りますと、日々の占いメールを送って頂けます。
  九星占いです。
  前述した「傾斜法のさわり」を参考にすると理解できるかもしれません。
  月の運勢は年盤を基に、日の運勢は月盤を基に、重ねて占ってみます。

  P.S.
  只今、備忘録のレイアウト他を修正しています。
  ブログの過去記事と備忘録のリンクが切れていますので、ご容赦ください。
  メニューバーは、備忘録の上段に纏め一箇所とさせて頂きました。
 

tag : 出雲大社 出雲大社相模分祀

開運














最新記事
検索フォーム

カテゴリ







参考 :
2017年 丁酉 一白水星 年盤
2017年 2月 4日(立春)~
2018年 2月 3日(節分)迄
kyusei1 2017年盤
万人共通の年の凶方位
 五黄殺方位 : 南(五黄土星)
 暗剣殺方位 : 北(六白金星)
 歳 破方位 : 東・卯(八白土星)
開運方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
全国一之宮・ほか
大祓い( 6月・12月 )
開運招福



「幸運・幸福・長寿・徳」:翡翠



「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ






祓う
御神札と神棚







更新内容


閲覧&ランニングコスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+


開運さんぽ(備忘録)

開運さんぽ

Author:開運さんぽ
開運さんぽ(備忘録)