九星の内容を九星盤で表すと、こうなります。

 九星の内容を九星盤で表しています。

 象意は、

 ・良くも悪くも、

 ・吉方で活用すれば良い方向に向かう、

 ・凶方位で使えばその象意が悪い方向へ向かう。

 4月29日(金)~大型連休が始まります。

 参考 : 「2016年の月盤早見表」

 有給を組み合わせれば、4月29日~5月8日(日)で10日連休になります。

 注意点

 1) 4月は、九紫火星が中宮し、16日から5月4日までが「土用」に該当します。

  ● 4月の凶方位は南・北・南西が、月の凶方位ですが、南西は年盤とも重なります。

  ● 年・月で凶方位が重なる方位は、大凶方位+になり、絶対に避けた方が良い方角です。


 2) 5月の月替わりは、5月5日(木)から、八白土星が中宮します。

  ● 年盤では、東北と東南が大凶方位です。

  ● 5月の大凶方位は、東北・南西・西北(亥)の方角です。

  ・東北・南西は、年の大凶方位と重なり、大凶が更に強まると考えます。


 ◎ 方位の吉凶は、距離に関係なく出ますので日常的にも注意が必要です。

  参考 : 「九星の相生相剋」 ※吉方方位を調べます

  吉方を取る時は、

  ・ なるべく遠方が良く、

    ※お水取りなど、直線距離で50km以上離れた場所

  ・ 温泉に浸かる、足湯などでも良いと思いますが。

    ※源泉掛け流しの温泉などが気が充満しています。

  ・ 地の食材を使った料理など食べる、水を飲む。

    ※ご当地グルメなど、手軽だと思います。

  ・ 普段から身に付けられる物を購入する、

    ※吉方で購入したものは、長く持つものが多い。

   ・・・などが、その地(方角)の気を受けやすいとされています。

 吉方位を取る=開運方法です。

 実力があっても、運に見放されては「元も子もない」と思います。

 実力の有無に関わらず、吉方を活用して下さい。

 ● 凶方位は、取り続けると、何事においても凶方位を使う傾向が強くなります。

  自然と吉方位へ足が遠のき、凶方位ばかりに行くようになるので注意が必要です。

  
 今年2016年は、祐気取りが11月にも出来ます。

 2017年から、運が上がり始める人、下がり始める人、厄年の人・空亡の人、

 どちらにしても、11月のチャンスを逃さないようにして下さい。

 祐気取りは、直線距離で50km以上離れた場所へ出向きます。

 祐気取りの効果の期間は、12ヶ月前後と短いので毎年できれば続けて下さい。

 転ばぬ先の杖、「開運さんぽ」





翡翠、災いから身を守る・幸運を引き寄せる意味から「幸運・幸福・長寿・徳」






関連記事

tag : 開運方位 開運方法 お水取り 祐気取り 開運さんぽ

コメントの投稿

非公開コメント


 転ばぬ先の杖、毎年・毎月の吉方位を調べる。「開運さんぽ」




 九星カレンダー(西暦・九星年対象表)


 一白水星年    二黒土星年    三碧木星年


 四緑木星年    五黄土星年    六白金星年


 七赤金星年    八白土星年    九紫火星年


 



暦・天気







最新記事
検索フォーム

ブログ(カテゴリ)
徒然


HP(カテゴリ)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ








お札(御神札)と神棚
お札を粗末に扱わないための一歩



三社宮、他にもコンパクトな一社宮なども





 聞き流していれば慣れて来ます。


検索&コスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+