毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

日の九星盤が掲載された九星カレンダー2017年 ※更新

 九星方位は、文字よ方位盤(図=視覚)の方が分かりやすい。
 私的にですが、
 方位は、文字より目(視覚)で確認した方が誤認が少ないと思います。
 目で確認した方が意識しやすいと思います。
 この辺は、個人差があるので、一概には言えませんが。

 方位は、年・月の凶方位さえ避けれ大丈夫(安心)かといえば、そうでもない。
 日の方位にも吉・凶方位があり、吉方位は相生(そうじょう)する方位をさします。
 ※相生(そうじょう)する方位とは、簡単に言えば「相性(あいしょう)の良い」方位のことを指します。
 また、九星の相性にも「松・竹・梅」があり、「生気方・退気方・比和方」と3段階あります。

 日々の吉凶方位を調べるには、月盤の凶方位と日盤を重ねてみます。
 例えば、2016年1月は、九紫火星が中宮します。
 1月の月の三大凶方位は以下。
  ・北(坎宮):五黄殺
  ・南(離宮):暗剣殺
  ・南西(坤宮・未):月破
  上記の各方位に自分の本命星が重なった日は、要注意日になります。

 また、各九星の吉凶をを見るには、年盤を軸にみます。
  ※参考 : 傾斜法のさわり

  開運さんぽ(HP)でも、
  ・年・月の九星盤は掲載しています。
  ・年の吉・凶や吉凶方位も載せています。
  ブログでも掲載しています。
  ※参考(既載) : 2017年 年・月盤対照 ※年・毎月の吉方位&ほか
 
  日常で日の九星盤(日盤)を調べるのは、一般的に暦(こよみ)です。
  暦には、日盤までは記されていません。
  カレンダーにも日の九星が文字のみで記入されたものはあります。
  一番見やすいのは、やはり視覚で凶方位などが確認できるものです。
  年・月・日で凶方位を色分けしておけば、自分への注意喚起がしやすくなります。
  住まいからの方位さえ間違えていなければ、誤認は少なります。
  余計な内容を省き、年・月・日の方位だけが見やすいと思います。

  スマホやタブレット(PC)を使えば、ネットでも各九星盤を調べられます。
  ただし、歳破・月破・日破などが表示されておらず「破れ」方位を見落としがちです。
  年・月の破れを利用した旅行や転居は、トラブルの芽を植えるようなもの。
  休・祭日は、凶方位を避け、吉方位を利用するにして下さい。
  また、買い物でも、吉方で購入したものは外れが少ないとはずです。
   ※失くさない・壊れなかったなどで、商品・製品の良し悪しとは異なります。

  ☆2017年遁甲盤入り壁掛けカレンダー
 ・中綴じ 本体サイズ:A4(見開きサイズ297mm×420mm)
 ・本紙:マット110k
 ・価格:864円(税込)

九星カレンダー(壁掛け)

 下記のように、年盤・月盤・日盤の凶方位が、色分けされているので一目瞭然です。
 また、スキャンしてスマホに保存しておけば、外出先でもすぐに確認できるので、
 打合せや旅行などの計画も、その場で決められるはずです。

九星カレンダー(壁掛け)02

 サイズや形式違いもあります。
 関連商品
  ・2017年 遁甲盤入り卓上カレンダー  ※小さすぎて見にくいと思います。
  ・2017年 遁甲盤入り手帳
  ・2017年 遁甲盤入りノート

  ・透明方位盤(A4サイズ) ver.2
   ※間取りの配置図や敷地図で鬼門線などの方位を調べるのに役立ちます。




転ばぬ先の杖「開運さんぽ 


関連記事



tag : 九星カレンダー 日の九星盤 開運方位

2017-01-05 : 九星方位 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
開運さんぽ(備忘録)

   ・ 楽天市場

  ・  





Pagetop

天気&暦




神社と神棚


神棚の祭り方

 神棚と御神札の並べ順







その他

「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ







温泉は源泉掛け流し

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし


吉凶方位・一宮・備忘録