ブラックリスト、各国の企業が挙げたアプリ上位10選

 ここと直接は関係ないですが、
 仕事上でのミスは、後に大きな痛みを伴うことがあります。
 以下のリストを見ると、見慣れたアプリが並びます。
 利用している人も多いのではないかと思います。
 以下のアプリを利用する際は、端末やアプリの初期設定を忘れず必ず行うことです。

 以下、原文です。

 MobileIron
 企業の約80%は10以上のビジネス用モバイルアプリを使用 共同通信 PRワイヤー
 
 この調査では、2016年10月1日から2016年12月31日までの期間、世界中の7800社に対してアンケートを行った。Android、iOSおよびWindows端末のアプリを対象に調査しているという。

 ☆世界で最も人気のあるビジネス用アプリ
 Mobile Security and Risk Reviewは初めて、最もよく使われているモバイルビジネスアプリのリストを掲載している。上位10のアプリは以下の通り。
 1. Webex
 2. AnyConnect
 3. Concur
 4. Adobe Acrobat
 5. Pulse Secure
 6. Keynote
 7. Numbers
 8. Pages
 9. Google Maps
10. Word

 ★ブラックリスト・アプリ上位
 企業によりコンシューマー・アンマネージド・アプリとしてブラックリストに挙げられる上位10アプリは2016年第2四半期から第4四半期にかけ変化があった。Netflix、Outlook、Whatsappなどが新たに上位10入りした。2016年第4四半期の上位10アプリは以下の通り:
 1. Angry Birds
 2. Dropbox
 3. Facebook
 4. Whatsapp
 5. Twitter
 6. Skype
 7. OneDrive
 8. Outlook
 9. Netflix
10. Google Drive

 情報流出のリスクがあるものが大半を占めているが、1位のAngry Birdsはゲームであるため、ほかのアプリとはやや毛色が違う。
 Angry Birdsは年齢や住所、デバイス識別番号などを暗号化無しに送信していることが知られており、世界中の企業で個人情報流出のリスクの高いアプリとして知られているのが理由であるようだ。

 セキュリティー動向調査 : オランダ、ベルギー、フランス、ドイツ、日本、スペイン、英国、米国、オーストラリア、
 
 下記リストFORTUNEより

Black List

 ※日本は、LINEがTOP1位。

 参考文献 :
 ・FORTUNE
 ・共同通信 PRワイヤー
 ・スラド

 ※7,800社とは、リスト国の一流企業他が対象のはずです。

 ※情報の流出とは、
   ・端末内に記録されたデータなど、
   ・文字入力や送受信されたデータなど、
   ・閲覧履歴、
   ・位置情報など。

 気にする人は気にするし、気にしない人は気にしない。




関連記事

tag : ブラックリスト

コメントの投稿

非公開コメント


 転ばぬ先の杖、毎年・毎月の吉方位を調べる。「開運さんぽ」




 九星カレンダー(西暦・九星年対象表)


 一白水星年    二黒土星年    三碧木星年


 四緑木星年    五黄土星年    六白金星年


 七赤金星年    八白土星年    九紫火星年


 



暦・天気







最新記事
検索フォーム

ブログ(カテゴリ)
徒然


HP(カテゴリ)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ








お札(御神札)と神棚
お札を粗末に扱わないための一歩



三社宮、他にもコンパクトな一社宮なども





 聞き流していれば慣れて来ます。


検索&コスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+