毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

今後30年以内に地震の規模 M8~9クラスの発生確率70%

 ○ 将来の地震発生の可能性  地震調査研究推進本部

   地震の規模   : M8~9クラス

   地震発生確率 : 30年以内に、70%程度

   平均発生間隔 : 88.2年

   地震後経過率 : 0.78  (地震後経過率とは?)



 南海トラフ全体を1つの領域として考え、この領域では大局的に100~200年で繰り返し地震が起きていると仮定して、地震発生の可能性を評価しました。

 詳しい内容を知りたい方は、「南海トラフの地震活動の長期評価(第二版)」をご覧下さい。

 南海トラフは、日本列島が位置する大陸のプレートの下に、海洋プレートのフィリピン海プレートが南側から年間数cm割合で沈み込んでいる場所です。この沈み込みに伴い、2つのプレートの境界にはひずみが蓄積されています。

 過去1400年間を見ると、南海トラフでは約100~200年の間隔で蓄積されたひずみを解放する大地震が発生しており、近年では、昭和東南海地震(1944年)、昭和南海地震(1946年)がこれに当たります。昭和東南海地震及び昭和南海地震が起きてから70年近くが経過しており、南海トラフにおける次の大地震発生の可能性が高まってきています。

過去に南海トラフで起きた大地震は多様性があります。そのため、次に発生する地震の震源域の広がりを正確に予測することは、現時点の科学的知見では困難です。地震本部では、南海トラフをこれまでのような南海・東南海領域という区分をせず、南海トラフ全体を1つの領域として考え、この領域では大局的に100~200年で繰り返し地震が起きていると仮定して、地震発生の可能性を評価しました。

 南海・東南海地震の津波震源域

 低周波振動は、高層建物の高層階に近いほど揺れの振幅が大きくなる。

 津波高は、太平洋岸で15m前後、マンションなど5階建の屋上階に相当する高さ。

 関東大震災(震源域 : 相模湾)当時の津波高の記録

 東京湾 : 4~5m、相模湾 : 12~15m

 被災を意識した住み方も一考あり。



  ※耐震基準 (概要)

耐震基準(1)


  新耐震基準2005

  ※ 新基準1981年(昭56)施行は、実際には1986年(昭58年)以降と考えた方が確か。
  ※ 新々基準2000年6月以前は、耐震の見直しが必要。 


 海岸線沿岸の建築物について構造計算

 建築基準法津波2

 ※構造と避難階5階以上


 災害は、忘れたころにやって来る。

 水や食料などは、ストックを用意しておく。




      その他、 防災用品一覧


   



 
関連記事



tag : 南海トラフ地震 南海トラフ 首都圏直下地震

2018-02-13 : 地震・防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
開運さんぽ(備忘録)

   ・ 楽天市場

  ・  





Pagetop

天気&暦




神社と神棚


神棚の祭り方

 神棚と御神札の並べ順







その他

「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ







温泉は源泉掛け流し

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし


吉凶方位・一宮・備忘録