毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

AYA世代のがん種の内訳の変化と罹患率、AYA世代?

 身近で起こらなければ、

 マスコミやCMで放送され一時的に共感しても、

 自分とは無縁のもと思いがちなのが、突然の事故による大怪我や病気の発症など。

 新聞に掲載されていた記事をもとに要点のみピックアップ。


AYA世代罹患率 w500
小児・AYA世代のがん種の内訳の変化

 ・ 小児がんは一般的に0~14歳のがんを指す。

 ・ AYA世代( adolescent and young adult ) :
  思春期・若年成人は15歳から20歳代、30歳代を指すことが多く、ここでは15~39歳。

  がんは通常、悪性の腫瘍を指すが、
  小児など若年のがん統計では良性・良悪不詳の脳腫瘍を合わせて含むことがある。
  ここでの罹患率は良性・良悪不詳の脳腫瘍を含む。

  参考資料 : がんの統計 17″公益財団法人 がん研究振興財団


  さんぽの余談 : 病気と方位



  病気と方位、

  海外旅行や転居では、五黄殺方位は避ける。

  五黄土星には、破壊という象意があり、自ら壊すことさします。

  病気では、癌や脳疾患など。

  転居では、鬼門の門や玄関のある戸建てやマンションの住まいは避ける。

  鬼門と鬼門線、

  東北が表鬼門、南西が裏鬼門の線上に門や玄関は避ける。

  この線上に不浄なトイレなども避ける。

  五黄殺方位を犯すのと同様の作用が働きます。

  凶方位を犯したら即座に発症するか?

  短期間の時もあれば、5 ~ 10 年前後も経ってから発症するケースも。

   ※方位と結び付けるのは、無理があると考える人は、方位など気にしなくて良いと思います。


  対応策?

  知らずに凶方位を使った、

  年・月・日の凶方位を除き、吉方位(相生の方位)へ旅行を繰り返す、

  転居なら、3年以内に吉方へ再転居する。

  鬼門線上の門・玄関・不浄なら、早々にリフォーム、リフォーム不可なら転居しかない。

  つなぎとしては、

  毎年「祐気取り(お水取り)」を行う。

  毎年というのは、祐気取りの効果は、6ヶ月前後だと思います。

  それ故に、毎年の恒例とするのが良いと考えています。
  
  多少なりとも改善しない、身近に問題があるケースかもしれない。

  時に触れ


  

関連記事

tag : AYA AYA世代 がん罹患率 祐気取り

2018-03-11 : 健康管理 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
吉凶方位・一宮・備忘録

   ・ 楽天市場

  ・  





Pagetop

今日の九星と天気





神社と神棚

夏越の大祓い 毎年 6月30日 ※陰遁始めの月 年越の大祓い 毎年12月31日 ※陽遁始めの月




神棚の祭り方

 神棚と御神札の並べ順





その他

「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ




温泉は源泉掛け流し

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし


開運さんぽ(備忘録)

防災