毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

ゲリラ豪雨対策、雨雲レーダー2

 ここ数年、突破的・局地的な豪雨が増えています。
 旅行に出かける際、事前に天気予報は調べると思いますが、
 雨雲レーダーをチェックする人は少ないのではないかと思いますが。
 使うタイミングは、その時々で異なると思いますが、
 スマホやタブレット・PCに雨雲レーダーのアプリを入れておくと重宝します。
 15分おきから数時間先までの雨雲の動きがチェックで出来ます。
 WeatherNewsや高解像度降水ナウキャスト気象庁)で閲覧できます。

http://blog-imgs-64.fc2.com/k/a/i/kaiunsanpoblog/20140911080456672.png" />" target="_blank" href="http://weathernews.jp/radar/#//c=30">雨雲レーダー
Weather News




http://blog-imgs-64.fc2.com/k/a/i/kaiunsanpoblog/2014091307425017f.png" alt="気象庁 雨雲レーダー" border="0" width="526" height="697" />">気象庁 雨雲レーダー
高解像度降水ナウキャスト(気象庁)

 高解像度降水ナウキャスト(気象庁)は、拡大すると地図下の表示が増えます。

 雨雲レーダーは、縮小と拡大の両方で確認すると数時間先まで自己予測が可能です。
 縮小版は、数十時間前後の大まかな予測に。
 拡大版は、局地的な1~2時間前後の予測可能です。
 
 
 追記
 自然災害は、ある程度の予測は出来ても、避けることは難しいと思います。
 自然災害に巻き込まれない為の一つのツールです。

 河川の上流で豪雨が発生した場合、数時間に下流に影響が出ます。
 豪雨の時は、地下(地下街)や低地への避難は危険です。

 降雨量1時間50mm以上で、一般的な道路は冠水します。
 これは、下水管等の排水能力を超える為に起こります。
 また、豪雨が長く続く時は、山裾の土砂災害などが増加しています。
 高台避難が有効だそうです。

 落雷注意報なども出るケースがあります。
 平坦地などで雷が鳴り始めた時は、電線の下を歩くと良いそうです。
 電線が避雷針の役割をするそうです。

 電気を通さない(通電)構造の建物の中に入る。
 *コンクリート造りなど、自動車内も安全とされています。

 




関連記事



tag : ゲリラ豪雨 ウェザーニューズ ナウキャスト 気象庁 土砂災害 自然災害 開運さんぽ

2014-09-11 : 地震・防災 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
吉凶方位・一宮・備忘録

   ・ 楽天市場

  ・  





Pagetop

今日の九星と天気





神社と神棚

夏越の大祓い 毎年 6月30日 ※陰遁始めの月 年越の大祓い 毎年12月31日 ※陽遁始めの月




神棚の祭り方

 神棚と御神札の並べ順





その他

「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ







温泉は源泉掛け流し

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし


開運さんぽ(備忘録)