毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

家相と開運、家相(間取りと建物配置)の話

家相と開運、家相(間取りと建物配置)の話(改定版)

 新居を購入する・建て直す時期は、その人の運勢の上昇期がほとんどです。
 運勢的にも上昇期ですから、人の言葉などに耳を貸さず突き進む時期にありがちです。

 家相を、迷信・非科学的と思う人は多いと思いますし、馬鹿な・くだらない・たわごと言い切る人もいます。
 そう思われる・考える方は、読み飛ばして下さい。

 仕事が、健康が、家族が、・・・・人は色々な悩みを大なり小なり多少でも抱えていると思います。
 そんな悩みが一つでも心当たりあれば、また、これから新居を購入しようと思う、そうした人へのアドバイスです。
 家は、簡単に手を加えることが出来ないだけに、最初が肝心です。

 家相を気にすると、厄介というか非常に面倒なだけに設計図面が引き辛くなります。
 これは実際にハウスメーカーの設計と話をすれば分かるはずです。
 当然、妥協が少なからず必要になりますが、
 妥協できないのが家相であり、絶対に妥協できないのが鬼門です。

 本題を簡潔に述べます。
 これまで鬼門と言う言葉を耳にしたことが一度や二度あるか、あれば幸いです。
 鬼門には表鬼門裏鬼門があり、これは敷地にも建物(戸建て・マンション・ビルなど)にも全てに共通します。
 下の図を見て下さい。
 鬼門の位置(東北と南西)と範囲(東北:丑・寅、南西:未・申)を赤線で示しました。



 図で示した鬼門(表鬼門裏鬼門)の位置と範囲に門扉玄関トイレを絶対に作ってはならない。
 一軒家に限らず、マンションやビルなども全て同様です。
 マンションは、門の配置・マンション出入り口・居宅(区分所有)部分の玄関などを指します。
 また会社の事務所なども同様と考えてください。

 鬼門(表・裏)の門や玄関のある家は、徐々に災い家族(or 法人)に降って来ます。
 災い(災難)とは、個人は仕事・健康・家庭・事故など、法人は業績や倒産や事故など、全てに及びます。
 影響が出始めるのは、個人差(運勢)がありますが早ければ4~5年目くらいから徐々に出るはずです。

 新たに購入してしまった・作ってしまった、増改築等で避けられるなら何とかなりますが、
 マンションやビルなどはほとんど不可能な場合は転居・移転しかありません。
 家相は、方災(年)と同様に最悪の結果をもたらします。
 
 その前に、現在、新居の購入を思案中の人もいると思います。
 正確な敷地図と建物配置図を取り寄せ、現地で磁石をあてて見て下さい。
 磁石は、2~3個は用意して、地図等を拡大して入念にチェックして下さい。
 厳格に測るには、敷地の中央と四隅に置き、向いている方角が同じであることを確認して下さい。
 同時に、建物配置図を置き、位置の確認を行って下さい。
 *磁石は、あらかじめ同じ方角を向くか・を確認しておいて下さい。
 *狂っているものもあります。

 転勤や新入学での転居、留学などは、方位も合わせて確認を怠らないようにして下さい。
 
関連記事



tag : 家相 鬼門 表鬼門 裏鬼門 方位 開運方位 開運さんぽ

2014-03-14 : 九星方位 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
吉凶方位・一宮・備忘録

   ・ 楽天市場

  ・  





Pagetop

今日の九星と天気





神社と神棚

夏越の大祓い 毎年 6月30日 ※陰遁始めの月 年越の大祓い 毎年12月31日 ※陽遁始めの月




神棚の祭り方

 神棚と御神札の並べ順





その他

「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ







温泉は源泉掛け流し

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし


開運さんぽ(備忘録)