神社での参拝マナー

 神社での参拝の作法(マナー)
 
 直接、ご利益と結び付くかは、はなはだ疑問ですが作法には従った方が無難です。

 神社への参拝をされるほとんど人が願掛けを行うと思います。
 願掛けは、1年を通して叶っても叶わなくても、お礼参りをするが慣わしです。

 下記のいずれかに一つでも当てはまる人は、お祓いを済ませた方が厄難を緩和できるはずです。 
 ・厄年(前厄・本厄・後厄)
 ・天中殺・自分の九星に暗剣殺や歳破を付い人
 ・北(子)の方角に入った人
 ・中宮(中央)に入った人

 参拝方法の手順
 神社で金運を呼び込もう 正しい参拝の作法
  
【一】 軽くおじぎをして鳥居をくぐる
 神社の本殿は神の住まいであり、鳥居を一歩入れば、そこは神域。
 神様に失礼のないよう、鳥居をくぐるときは軽くおじぎをし、出る時も本殿に向かって軽くおじぎをする。


【二】 参道を歩く時は中央を避ける
 参道の中央は「正中(せいちゅう)」といって、神様の通り道とされている。
 神様に失礼にならないよう、真ん中を歩くことは避ける。
 この先で使う手水舎が左右どちらに置かれているか分かっているなら、そちら側を歩くのが好ましい。


【三】 手水舎で両手と口を清める
1 神様はけがれを最も嫌うので、参拝する前に手水舎(てみずや)で心身を清める。
  柄杓で水をくみ、左手、右手の順に洗い清め、最後に左手に受けた水で口をすすぐのが作法。


【四】 賽銭箱に静かに賽銭を入れる
 賽銭は神への感謝の供物。
 古くは参拝者の心身のけがれを祓うものとされたため、今も賽銭箱に投げ入れる人を見るが、神社では静かに入れるようにと勧めている。


【五】 神前の鈴を鳴らす
 賽銭箱の上につるされた鈴を鳴らし、参拝に来たことを神様に知らせる。
 鈴の音色には邪気を祓い、神様のパワーを呼び起こす霊力があるとも言われている。


【六】 二礼二拍手一礼をする
 神社の参拝作法は、まず賽銭箱の前で軽くおじぎをし、次に深いおじぎ(90度)を2回。
 そして柏手を2回打つ。祈りを捧げたら、深いおじぎを1回して、最後に軽くおじぎをする。



 神社で祈る際は、願い事を唱えるだけでなく、まずは神様への感謝の言葉も忘れずに。
 さらに自分の名前と住所も心の中で伝えることが肝心だ。

 なお、二礼二拍手一礼は一般的に神社で参拝するときの作法。
 お寺では柏手かしわでを打たず、そっと合掌するのがマナーだ。

 以上。
関連記事

tag : 初詣 参拝方法 参拝マナー 開運さんぽ 開運方位

コメントの投稿

非公開コメント

ad




     転ばぬ先の杖「開運さんぽ」













暦・天気







最新記事
検索フォーム

カテゴリ
2017年 丁酉 一白水星 年盤
2017年 2月 4日(立春)~
2018年 2月 3日(節分)迄
2017年盤
万人共通の年の凶方位
 五黄殺方位 : 南(五黄土星)
 暗剣殺方位 : 北(六白金星)
 歳 破方位 : 東・卯(八白土星)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ






祓う 祝詞の基本
お札(御神札)と神棚

三社宮の例


お札立ての例




更新内容


開運さんぽ(備忘録) ※調整中
閲覧&ランニングコスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+