伊勢、出雲、諏訪、高千穂、熊野…神々つなぐ「陽のみちしるべ」のナゾ 淡路島の伊弉諾神宮

伊勢、出雲、諏訪、高千穂、熊野…神々つなぐ「陽のみちしるべ」のナゾ 淡路島の伊弉諾神宮

伊弉諾神宮と太陽の軌跡


伊弉諾神宮と太陽の運行(2)

 伊弉諾神宮(兵庫県淡路市多賀)に「陽のみちしるべ」と記された石碑がある。春分、秋分の日の太陽が通過する北緯34度27分23秒の緯度線に伊勢神宮(三重県伊勢市)、伊弉諾神宮、対馬海神神社(長崎県対馬市)が一直線に並び、冬至、夏至の日の出、日没の方角にも伊弉諾神宮ゆかりの神社が並ぶと説明されている。伊勢から対馬まで約680キロ。はるか昔、緯度や太陽の運行が分かったとは信じがたい。このことを“発見”した伊弉諾神宮の本名孝至宮司に「陽のみちしるべ」のナゾを尋ねた。

夏至は諏訪から出雲、冬至は熊野から高千穂

 各地の神社には伊勢神宮の方角に向かって拝むための「遥拝所」があり、伊弉諾神宮では真東を向いている。淡路は昔から伊勢信仰が篤いこともあり、太陽神の天照大神をまつる伊勢神宮と「何か縁があるのでは」と感じていた本名宮司は、設計や測量を行っている会社に正確な位置関係の計測を依頼した。

 その結果、伊弉諾神宮を中心に東は伊勢神宮内宮、西は対馬の海神神社が同緯度に並ぶことが分かった。それだけではなく夏至には諏訪大社(長野県諏訪市など)の方角から日が昇り、伊弉諾神宮を通過して出雲大社(島根県出雲市)の方角に日が沈み、冬至には熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)から日が昇り、高千穂神社、天岩戸神社(いずれも宮崎県高千穂町)に日没することが分かった。

ピラミッドやストーンヘンジの「知恵」日本でも…

 本名宮司は今年日本遺産に認定された《『古事記』の冒頭を飾る「国生みの島・淡路」~古代国家を支えた海人(あま)の営み~》にも登場する「海人」に注目する。大陸と交流して航海や製塩技術にすぐれ、太陽や星の位置で航海していたであろう海人族。天文に通じていた可能性は否定できない。「古代人をバカにしてはいけない。現代人は地図を見てどうやって線を引いたかと考えるが、方角を決めて狼煙(のろし)をあげて距離を伸ばしていったのかもしれない。世界にはピラミッドやストーンヘンジなど太陽の運行に合わせたと思われる遺跡がたくさんある。日本人ができなかったと考える理由はない」と本名宮司は語る。

 果たして誰がどうやって何のために巨大な“線”を引いたのか。「淡路島のナゾ」というよりも、日本史のナゾといえるかもしれない。
 原文 : 伊勢、出雲、諏訪、高千穂、熊野…神々つなぐ「陽のみちしるべ」のナゾ 淡路島の伊弉諾神宮





金銀融通・商売繁盛の一陽来復、冬至21日より

 一陽来福
  「一陽来福」は、冬至・大晦日・節分の内、都合の良い日の午前0時に、その年の恵方に向けて貼る縁起物です。
  一年を通してお金に困らないように」との願いを込め、江戸時代より民間の間で流行した「金銀融通」の縁起物です。

 新宿区の穴八幡宮(※早稲田大学付近)が、一陽来復で知られています。
  冬至の日には、人が切れないほどの長い列を作ります。
  参拝をされてから列に並ばれる方が良いとは思いますが、我先と列に並ばれています。
  どちらにしても参拝は忘れないようにして下さい。

 出雲大社相模分祀でも、配られています。
  ※出雲大社相模分祀
 出雲大社相模分祠より、「一陽来福」のご案内。
 一陽来復は、筒型の本体の中には金柑・銀杏・柚子がそれぞれ封入されております。
 <頒布期間>
  12月21日(冬至)~ 翌2月3日(節分)まで
 <初穂料>
  1体 500円
 ※一つ一つ手づくりで奉製しており、数に限りがあります。
  数がなくなり次第、頒布終了となりますのでご了承下さいませ。
 ※「縁起物」につき、お取り置きはできません。
 ※筒状の縁起物のため、変形してしまう可能性がありますので、郵送でのお申込はご遠慮いただいております。
 ご希望の方は、12月21日「冬至」以降、お早めに出雲大社相模分祠まで。





 何事も良いと思えば、一度は行動してみる。
 結果は、叶う・叶わずとも後のお楽しみです。
 願掛けは、願解きも忘れずに行って下さい。

tag : 一陽来復 商売繁盛 金運アップ

出雲大社 相模分祀 更新

 出雲大社 相模分祀

出雲大社相模分祀

 出雲大社(島根)へは、何度か参拝させて頂きましたが気分的に遠く感じます。
 飛行時間は羽田から30分程度、電車・飛行機・バスを乗り継ぎ神社直行でも4時間位は掛かります。
 時間的に4時間は、新幹線で京都や伊勢神宮(名古屋経由)へ行ける時間です。

 神奈川県秦野市に「出雲大社」相模分祀があります。
 所在 : 神奈川県秦野市平沢1221 ※行き方
 最寄駅 : 小田急線「秦野」駅 北口 バス10分前後・徒歩30分前後
 車    :  東名秦野中井インターより15分前後

  出雲大社相模分祠 ご祭神
  ◎大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
  ◎事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)

  出雲大社といえば、縁結びの神様として知られていますが、
  御祭神は、大国主大神と事代主大神、大黒様と恵比寿様の方が有名です。
  大黒様と恵比寿様、商売繁盛の神様です。
 
 湧水 : 「千年の杜」
 手水鉢の左手に入口があり、その奥に「龍蛇神」が祀られています。
 龍蛇神とは、大国主大神さまの御使神で、「縁結びの神」「幸福を授ける神」神様だそうです。
 龍蛇神のお社の前に湧水があります。
 湧水の脇に蛇口1つだけあり、地下水(湧水)を汲み上げているのだと思います。
  ※湧水の水は、無色透明・まろやかです。
  ※蛇口の水の勢いまで確認していません。
 お水取りにも人気があるようなので、機会があればお水を頂きに参拝されてみては如何でしょう。
  ※社務所では、1L前後の空きペットボトルが販売されています。

 「千年の杜」入口から、湧水までは10m位だと思います。
 通路幅は、人がすれ違える程度の幅ですが一方通行になっています。
 人1人が歩ける幅の大谷石が敷かれていますが、その両サイドはぬかっています。

 観光・名産・特産 :
  湧水 :
   神奈川県秦野市の湧水について、参考 : 秦野市HP 名水
  水無川 :
   秦野駅の北側(徒歩2~3分)を流れています。
   水無川の両サイドに遊歩道になっていますが、水も川底が見えるほど澄んでいます。
  ピーナツ?、秦野産のポーナッツバターが販売されています。
   無添加・無砂糖・無植物油脂で、私的好みです。
  葡萄?、山梨の忍野八海には葡萄の周りお砂糖?固めたお菓子があります。
   こちらは、イチゴ大福みたいな葡萄大福のような、季節ものだと思います。
  
 祐気取り日程 : 2016年11月 9(水)・18(金)・27(日)日
  ※六白金星・七赤金星の生まれの人は、一白水星(巳:南南東)は月破により使えないの出来ません。
  ※参考 : 2016年 最後の祐気取り、11月に年・月・日が重なる日

 湧水で、
  東名高速の「足柄インター」(上り線・東京方向)にもあります。
  サービスエリア内の建物に沿って水汲み場があり、蛇口は3ヶ所。

  東名高速の「駒門PA」(下り線・名古屋方向)にもあります。
  パーキングエリア内の建物正面ほどに1箇所あります。

  時間がない時など、活用できるのではないかと思います。

  追記.
  「出雲さん占いメール」出雲大社相模分祀
  携帯・スマホ・PCなどから空メールを送りますと、日々の占いメールを送って頂けます。
  九星占いです。
  前述した「傾斜法のさわり」を参考にすると理解できるかもしれません。
  月の運勢は年盤を基に、日の運勢は月盤を基に、重ねて占ってみます。

  P.S.
  只今、備忘録のレイアウト他を修正しています。
  ブログの過去記事と備忘録のリンクが切れていますので、ご容赦ください。
  メニューバーは、備忘録の上段に纏め一箇所とさせて頂きました。
 

tag : 出雲大社 出雲大社相模分祀

ad




     転ばぬ先の杖「開運さんぽ」













暦・天気







最新記事
検索フォーム

カテゴリ
2017年 丁酉 一白水星 年盤
2017年 2月 4日(立春)~
2018年 2月 3日(節分)迄
2017年盤
万人共通の年の凶方位
 五黄殺方位 : 南(五黄土星)
 暗剣殺方位 : 北(六白金星)
 歳 破方位 : 東・卯(八白土星)
吉方位の調べ方
タブレット ロゴ(方位)

※方位を調べるには、PC・スマホが重宝します。※方災注意


※方位盤は、敷地や建物の配置などを確認する時に重宝します。※鬼門注意
開運招福





「金運&財運アップ」:ルチルクォーツ






祓う 祝詞の基本
お札(御神札)と神棚

三社宮の例


お札立ての例




更新内容


開運さんぽ(備忘録) ※調整中
閲覧&ランニングコスト



繋がるサブブランド

Y!mobileワイモバイル

So-net モバイル WiMAX 2+