毎年・毎月の吉・凶方位、生れ月の九星、相性の良い九星、祐気取り、他

スマホ内のデータが、勝手に外部へ送信される

 android端末の情報を中国のサーバに送信、「問題ない」とメーカー反論
 米国で販売されているBLU製Androidスマートフォンの一部モデルで、ユーザーの個人情報が許可なくユーザーの「通話履歴やメッセージの内容、端末の識別情報といった個人情報」が、ユーザーの知らないうちに、上海にあるサードパーティーのサーバに送信されていた。

 外部送信していたとされるデータの種類 ※Kryptowire
 
バックドア

 こうした情報の収集には、無線経由(OTA)で更新されるファームウェアが使われ、Shanghai Adups Technologyという企業が管理しているという。
 OTAを使っても、そのことに問題はないとBLUは主張。現在行っているデータ収集は、OTAの標準的な機能であり、ユーザーのプライバシーやセキュリティに影響を及ぼすことはないと説明している。

 「Shanghai Adups TechnologyのWebサイトには、同社のファームウェアが、ZTEやHuaweiをはじめとする大手メーカー、携帯電話会社、半導体メーカーなど400社以上の製品に採用され、幅広いウェアラブル端末やモバイル端末、自動車、テレビなどに組み込まれている旨が記載されていた。」
 と米紙「New York Times」がその旨を伝えている。

 国内で販売されるスマホ・タブレット・ルーター、

 ドコモ・ au ・ソフトバンクなどで扱っている機種の中にも

 ファーウェイ・ジャパン、
 「日本で提供している製品ではADUPSを採用しておらず、影響はありません。顧客のプライバシーとセキュリティを最重要課題に位置付けおり、積極的に取り組みを進めています」とコメント。

 ZTEジャパン、
 「徹底した調査を行った結果、日本で販売されている製品に報道で指摘された問題は該当しないことが確認できています。常に利用者のセキュリティとプライバシーを最優先しており、今後も引き続き、利用者のプライバシーと情報保護を確実に行っていきます」とコメント。

 過去、無断でデータを送信(収集)した例としての製品名は、
  ・パソコン : Lenovoなど。
  ・スマホ : Samsung(galaxy)
  ・日本語変換 : Baidu・shimej・一太郎など。
  ・SNS : LINEなど。

  以上は、ニュースでも話題になり、現在は変更・修正がされているはずです。

  スマホ内のデータが、勝手に送信されるのも困ったもんですが、 

 以上とは、、、別に、、、

  送信され続けるデータとしては、GPSなどで取得される位置情報などは必須。

 その他で困るものに、

  身代金要求(マルウェア)・スマホのカメラやマイクを使った盗聴や盗映するウィルスなども。

 セキュリティソフト、どれも似たような感じでも、
 動作が軽い方が端末に負担を掛けないのでそこそこ快適に使える。
 ダウンロード版かディスク版か、ダウンロード版が便利。
 操作性が簡単なこと。

      

関連記事

2017-08-25 : 端末/回線 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
吉凶方位・一宮・備忘録



Pagetop

今日の九星と天気


kyusei9 注 kyusei8 注

kyusei7 注 kyusei6 注

kyusei5 注

kyusei4 注 kyusei3 注

kyusei2 注(2) kyusei1 注



神社と神棚

夏越の大祓い 毎年 6月30日 ※陰遁始めの月 年越の大祓い 毎年12月31日 ※陽遁始めの月



・壁掛け可能なシンプルな神棚

・神棚(三社宮)と御神札(御札)の並べ順



防災





雨雲レーダー( tenki.jp )



豪雨レーダー( tenki.jp )



国土交通省
ハザードマップポータルサイト
身のまわりの災害リスクを調べる




被災時にWi-Fiが開放される。

モバイルルーター WiMAX2+

日中なら,容量や速度の制限なし




楽天市場



開運さんぽ(備忘録)